FXをやっている現役サラリーマンが語る。ビジネスとFXにおいて共通する重要な考え方とは│キャリアとFX

どうも、-271万円のねこです(FX累積収支)。ご愛読ありがとうございます。

さて、本日は私が本業(サラリーマン)で学んだことをFXに結び付けながら、兼業トレーダーの方に少しでも有益な情報をと思い、記事をお届けします。今日はこのシリーズの初回なので、まずキャリアとFXについての考え方を語りたいと思います。是非ご一読くださいませ。

毎度ですが、ランキング上位を目指しているのでバナーだけは最初に置かせてください。すみません(´-`).。oO


1ぽち頂けると泣いて喜びます。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


<目次>

1.キャリアが大事にされている背景とその理由

2.キャリアの設定と注意点

3.目標を決めよう

4.ゴール(目標)に向けて、いざ実践

1.キャリアが大事にされている背景とその理由

サラリーマン、こと最近は格好よくビジネスパーソンなどと言ったりもしますよね。そんなビジネスパーソンはキャリア(死語)というものを考えていかねばなりません。キャリアといったら皆さんどのような印象を抱くでしょうか?ちょっと古い感じがしません?笑 キャリア=職歴みたいなイメージは強いですよね。ただ、この言葉、バカにできません。

それはなぜか?ここ最近キャリアという言葉の捉え方が変わってきているんです。ちょっと前まではキャリア=職歴=50過ぎのおじさんが今後どうしていくか考える。みたいなものでした。これが今実は少し形を変えて、若手のころから将来のキャリアを自ら設計していく。という思考に変わってきているんです。

これを自己開発(キャリアをセルフマネジメントする)するという風にも言ったりしますね。自己開発なんて難しく聞こえるけど、どうすればよいか?ポイントは「自己の再理解」です。

皆さんは自分についてどれだけ分かっているでしょうか?これ以外に盲点なんですよね。わかっている「つもり」になっちゃうんです。例えばジョハリの窓という言葉をご存じでしょうか?普段意識しないことを意識に持ち上げてみると、違った角度で自分が見れたりするものです。

<ジョハリの窓>

この写真にあるように、自分を窓に例え、見えている(見られている)ものを分けるとこうなります。自分のわかっていない部分が、自分にはあるという思考ですね。

ただそこで思考を止めず、更に深堀するのがサラリーマン。写真にある赤矢印①②③を駆使して、どんどん自己開示していく事が求められるんです。

自分を理解してどうするの?ということなんですが、そこがキャリア(=自己開発)につながるわけです。自分を開発しようとしてるんですから、自分の事がわかっていないと話になりません。なので、自分の未来のキャリアを思い描く前に、まず自分の事を再理解し、自らが持つ強み、特性を認識する。という作業ステップが必要になるのです。

これだけ情報があふれかえっている時代です。企業側も働く個人としても終身雇用のような考え方から、相互依存(企業は個人が活躍できる場を提供し、個人は自律的に成果として貢献)に変化してきています。そのためにもキャリアを大事にしましょうね。ということです。

そう、つまり会社も雇用を保証できませんから、FXで稼いでいつでも退出できる準備・リスク回避が必要なんです(手段はFXでもなんでも良いんですが、要はサラリーマンの固定給以外の収益基盤が必要)

2.キャリアの設定と注意点

FXについてのキャリアは単純だと思います。お金。これに尽きます。ただ、「お金」というキャリア設定だけでは少し短絡的ですよね。そこで、未来のキャリアを思い描くうえで重要なポイントをお伝えしていきます。

まず、自分がなぜFXをしているのか?その目的をしっかり定める必要があります。もうこれは決まって「お金が欲しいから」なんですが、ここをもう少し掘り下げていきましょう。「なぜお金が欲しいのか?」。これには色々理由があると思います。例えば自分の場合だと、「自分のやりたいことが、会社という制約なく選べる状態にしたいから」とかですね。はい、では皆さまの目的、これを今一度よく考えてみましょう。FXはあくまでキャリア達成のための手段であるはずです。

目的意識が強ければ強いほど、主体的な行動につながりますし、即ちモチベーションとなります。逆にこの目的意識が弱いと、行動力などにも結び付きません。必要にも駆られていないということですから、この文章をここまで読んでもピンとこないかもですね(それが悪いとかいうつもりはありません)

3.目標を決めよう

キャリアという抽象的なものを評価するために、必要条件(目標)を明確にしましょう。FXでわかりやすく例えると、「収入」と「評価」です。

収入について

例えば「お金は無限に欲しい」という設定はよろしくないんですね。無限にあれば勿論良いですが、誰も評価することが出来ないコントロール外の目標になってしまうんです。無限なんて誰も達成できませんからね。なので、具体的な「数字」として目標値を設定することが必要です。目標値が設定できれば、反省もより具体的になりますし、必要な具体的な行動にも結び付きやすいと思います。

評価について

これはわかりやすく、「誰に」を明確にしましょう。誰に認められたいのか、誰の評価が欲しいのか。これを設定すれば良いと思います。全ての人に認められようなんてのは無理ですからね。絞っちゃいましょう。

ここで設定した収入、評価の目標値を軸に主体的に行動しながら、自分が思い描いた目的に向かってキャリアを積み重ねていくことができるかどうか。日々一生懸命生きていく必要があると私は思います。

ねこは長期的には年利20%以上稼ぎ続けられるスキルを持ち、嫁に認められたい。短期的には2019年で20万円の利益達成、嫁に確定申告させる!を目標にしたいと思います。

4.ゴール(目標)に向けて、いざ実践

自己理解→自己開発(キャリア設定)を終え、キャリア=お金が欲しい理由を目的に定められたなら、いざ実践です。となりますが、注意点が二つあります。

注力する内容、方向性を間違えないこと

ここでのポイントは自分でコントロールできる要素に集中すること。です。人間やりたい事や悩ましいことは沢山あります。その壁にぶつかった時に気を付けたいのは、コントロール可能な問題なのかどうか。ということ。時間は有限です。出来るだけ省エネでいきたいですよね。ならばコントロール外のことに対し悩むのはやめましょう。幾ら悩んでも解決しません。注力するのは、自分でコントロールできるもの。これに絞りましょう。

私は「ブログによるFX考察の継続、およびTwitterでの日々の目標発信です」

計画された偶発性理論について

未来の不確定なキャリアを目指して主体的に行動していく際に、不安に思ったり、立ち止まったりすることもあるでしょう。そんな中で頑張れなくなりそうな時、挫けそうなときは見出しにある偶発性理論をもって、今暫く頑張ってみましょう。

皆さん身に覚えはありませんか?何かわからないけどうまくいった、ラッキー!

これって実は自分が主体的に動いているからこそ起こり得る結果なんですよね。行動が無い人には絶対訪れないラッキーなんです。つまり、「偶発性(偶然)」を味方に付けることが出来るのかどうかは、自分の主体性に依存するんです。また、主体性が上がると、情報収集力が格段にあがります。このことが更なる行動を起こし、時に偶然を生み、運を味方につけることが出来るかもしれません。この考え方が、先の見えない目標に向かって走る際の一つの心のよりどころになればと思います。

私はつい先日FXの教えを乞う人が見つかりました。これって全然計画していなかったことなんですよね。負け組が脱退できるかわかりませんし、全ては自分次第ですが、決して悪い話では無いと思っていますし、このチャンスをものにしたいです。

最後に:ねこのまとめ

私、ねこは以下の姿を目指します。

目指すキャリア

自分のやりたいことが、会社という制約なく選べる状態(これを達成するための手段として、FXを続けていく)

目標

年利20%以上稼ぎ続けられるスキルを持ち、嫁に認められる

短期的には2019年で20万円の利益達成、嫁に確定申告させる

実践

ブログによるFX考察の継続、Twitterでの日々の目標発信

はい、こんなように自分の今後の目指したい姿(キャリア)と目標設定、目標到達するための具体的な目標などに分けて行動することで、よりやることが明確に見えてくると思います。ここまで読んでくださった方に少しでも参考になるところがあれば嬉しいなと思います。

それでは今日はここまでにします!皆さん明日も一日頑張りましょう!(^^)/


1ぽち頂けると泣いて喜びます。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする